「はい、お手」

「ワンッ!」


「はい、おかわり」

「ワンッ」


その犬は

四肢拘束され犬のマスクに

IMG_9140


乳首には玩具をつけられている

IMG_9142



「こら、何でオマエ発情しているの?」

「発情期でもないのに


「何に発情したのかしら


「ワンッ!」


「ワンじゃないわよ、今すぐ元に戻しなさい」


「クウンッ


「ほら、早く」


なかなか言うことを聞かないマゾ犬。


時間を与えても萎える様子はない。

なので強制的にマゾ犬のペ◯スに貞操帯を装着



そして鞭でのオシオキ

IMG_9147


「馬鹿な犬、痛い想いをしなければ言うことを聞けないのなら」

「そうしてあげるわ」


「ワンっ!」


「私に逆らえばどうなるのか

「その身を持って思い知りなさい!」


「ワンッ!」


お返事だけは元気なマゾ犬

いやお返事とペ◯スだけはって感じね


何度も何度も痛い鞭をお尻にくらわされながら

必死に耐え

お尻が真っ赤になるマゾ犬



「オマエみたいな変態な犬にはさらにこうしてあげる」


IMG_9141


蝋燭で書かれた背中の文字


「これでどこからどう見ても誰が見ても変態犬ってわかるわね」

「ワンっ」

「どう?嬉しいでしょ?」

「ワンっ!ワンっ」



「はい、じゃあ次はお散歩いくよー」


っと無理やり引っ張られる鎖



IMG_9148


「ほら、早くー」

「ノロノロ歩いてるんじゃないわよ」

「早く来なさい」


「わ、ワンっ」


必死についてくる犬。


四肢拘束されれいるせいか歩きづらそうに

私の後を歩いてくる


部屋の扉の前まで着いたら

「番犬の練習よ」

「扉の外まで聞こえるぐらい大きな声で鳴きなさい」


「ワンワンワンっ」


「もっと」


「ワンワンワンワンっ」


「ふふふ、いいわ」


「それじゃあ、次はマーキングの練習よ」

「ここにマーキングしてごらんさない」


IMG_9442



IMG_9144


「ほら、早く」


マゾ犬は命令を聞けず焦っているのが

空気を通して伝わってくる。


私の命令を守りたいのに

それが出来ない駄目なマゾ犬


「興奮はできるのにマーキングは出来ないのかしら」


「クウンっ


「鳴いている時間があるのなら早く出しなさいよ」


「クウンっ


時間を与えても出てくる気配はない



私の命令が守れなければオシオキ。


当然でしょ。



鎖を引っ張り

ベッドの上で服従のポーズを促す。



しかし


IMG_9443


ベッドに上がる事が出来ないマゾ犬(笑)


短い脚を使って必死によじ登ろうとするけれど

上手く上がれない


「早くしなさいよ」

「オマエ、いつまで私の時間を使わせる気なのよ」


「ワンっワン


「本当ダメで馬鹿な犬ね」


「ワンっ」


「これくらいの段差、犬なら軽々よじ登れるでしょう


間抜けな姿を晒しながら

やっとの事でよじのぼる。


だけど、この馬鹿犬へのオシオキはこれから


服従のポーズを取らせて

踏みつけて

罵る


そして身体に

「ばかいぬ」の文字


IMG_9145


可愛いでしょ。

なかなかに馬鹿っぽさも出ててこの犬にピッタリだと思わないかしら。


個人的に結構お気に入りなの(笑)



オシオキは呼吸管理

顔の上にのり

私のお尻でひたすら苦しめていく


乳首も虐めながら。


ワンワンとまともに吠える事も出来ない状況。


だけど

出来ない犬にはこれくらいしなければ

理解できないでしょ。



何度も何度も

呼吸を止めては一瞬だけ息を吸わせ

また止めて


苦しくて苦しくて逃げ出したくても

私の許しが降りるまで終わらないオシオキ


何分もの間


ひたすらずっっと追い込んでいく。



オシオキが終わった頃には

ハァハァと大きく息を見出している犬。




まあ、オシオキもそうだけど

お散歩も色々含めて頑張ったから

ご褒美に飼い主として責任持って射精させてあげようかしら。


でも犬だからね。


人間のようなオ◯ニーはしないでしょ。


だからね。


「これをメス犬だと思って腰を振りなさい」


と枕の上にペットシーツを乗せると

元気よくそれにまたがり

腰を振り始める犬。


その姿も本当に間抜け。



IMG_9150


必死にペ◯スを擦り付けながら発情している

ばかな犬


IMG_9146


さらに

匂いが大好きだから

鼻の所に私のヒールを置いて嗅がせる


IMG_9143


「もっと頑張って全部こなせるようになったら」

ばか犬‘’ではなく」

「もっとちゃんと犬としての名前をあげるからね」


「ワンッ」


「それじゃあ、そのメス犬に向かって出しなさい」


そう命令された犬は

腰を振り私の前で醜態を晒しながら

「ワンワン」いいながら最後は射精していたわ



IMG_7523


今回は前回より少しハードな調教


ヘトヘトになりながらも終わらない調教に

ただひたすら良い子にして耐えるしかない



最後の犬になりきにながらの射精は

凄く良かったわよ。


文字がね!

凄く可愛く描けて満足(笑)


めちゃくちゃ可愛いよね!!

よね!!!



また私の犬になって私を癒してね。


頑張った時のご褒美でも考えながら

最後まで尽くすのよ


Ruiko

ランキング参加中‐
W468H603

sr46860